【ブログ】20記事達成!

4月の終わりから始めたブログ。

コツコツ更新して、20記事達成。

クロネさんのブログ講座を基本方針とし、とにかく100記事まで到達するまで書いてある通りにやっていこうと思います。

※クロネのブログ講座 https://kurone43.com/babysteps/

次の目標は30記事。

20記事まで書いてきたブログの振返りをしたいと思います。よければお付き合いください。

PV数、コメント数


画像挿入とか、そういうことは難しくてできないので、数字だけ。

4/26 – 5/8 ライブドア 432PV

5/9 – 5/17  WordPress  195PV 

総計 627PV

※自分でクリックして見ているものもけっこう含まれている気がする。

検索エンジンからの流入はほとんどなく、知人の好意によってこれだけの数になっています。きっと。

いつもありがとうございます。

コメント 18件

こちらもおそらく、知人の方。

あたたかいコメントありがとうございます。

20記事を書くまでは、PV数やアクセス分析を気にしない。と師匠(勝手に)のブログ書いてありますが、気になりまくりです。

デザインを気にしないという点は守っています。本当は色々きれいに整えたい。

でも、引き続き、基本に忠実にいきます!

30記事を書くまでには、以下の3点を頑張ります。

・記事の1つ目から簡単に書き直す

・ブログ内リンクを作成する

・不足しているネタを見つけて記事にする

書いてみて良かったこと


日常がネタの宝庫

ブログで考えていることをアウトプットすると自然に情報や自分の感情のアンテナが高くなります。

・twitterで話題になっていることは何か

・人と違った視点で考えられる出来事は身の回りにないか

・自分が感情を揺さぶられた体験はないか

・他の人はブログにどんなことを書いているのか

ブログを書くことによって、イラっとしたことでも「これはブログのネタになるかも」と客観的な視点で物事をとらえることができるようになりました。

さらには「人と同じではなく違っているからこそ価値がある」とも考えるようになりました。

また、他人のブログを見まくって

「きれいなイラストだな」「このタイトルは思わずクリックしてしまう」とため息や学びがたくさんありました。

そうして自分のブログを読み返すと、肝心の中身は、どこか優等生の良い子ちゃんで普通過ぎるのではないか。知人しか読まないではないか!と思うわけです。

しかし、ブログを書いてアウトプットし、情報感度を高くインプットした結果、やってみたいことがおぼろげながら見えてきたわけです。(次に続く)

やりたいことが見つかる

結論:宗教芸人というブランドを確立する

思い返してみると、自分は幼少の頃、人を笑わせることが大好きでした。

押し入れでマイクを持ち、光ゲンジを歌う。クレヨンしんちゃんのマネをする。

とにかく陽気で、おちゃめな子どもでした。

ただ、いつの日からか、学級委員長をやり、部長をやり、真面目なサラリーマンになりました。そんな人生に後悔はなく、疑いもありませんでした。「よく頑張っているね」と周囲から認められることは素直に嬉しかったです。

ただ、ここに来てどこか自分をだましているところがあるのでは、と疑問を持ちました。

・自分が宗教を信仰していることを隠して、生きていって自分と言えるのか。

・でも、本当に教理を信じきっていると言えるのか。

・真面目がゆえに、自分で自分を苦しめているところがないのか。

結局、自分がどう見られているのかが大切で、最後の最後まで自分を押し殺していることに気づいた。でも、こうやってブログを書くことで「他人にどう思われてもいいじゃん」「自分が楽しいと感じられるように生きようよ」とふっきれたわけです。

笑いってスゴい力を持っていると思うんですよね。人を笑顔にするって難しい。

目指すは北野武ってところですかね。

きっと「宗教をバカにするな」「宗教を信じているなんてバカだ」とどちら側からも批判を受けるでしょう。

でもいいんです。信じるか信じないかは個々人の問題。私は私。

人のことをどうこう言う時間があったら「自分の人生をどうしたいか考えて発信してはいかがですか」と言いたい。

これからやりたいこと


個人的な肌感覚で、オジさん世代より若い世代のほうが宗教に偏見がない気がします。

別に、何を信じて生きていってもいいんじゃない。といった感じで。

そんな世の中だからこそ「実は私も宗教を信仰していて」と言える人が増えてほしい。

自分の信仰する宗教の信者を増やしたいなんて、思わない。

むしろ、現代ではかっちりと組織を作る必要がない。世の中をよくする教理が世の中に伝われば、それでいい。宗教は組織が素晴らしいのではなく、教理を実行することに価値がある。

企業で言えば、理念を具現化することに価値があり、大企業だから素晴らしい組織なわけではない。

ブランドが確立していったら、デザインが得意な人とコラボするのも面白い。

イラストや漫画の価値が上がっているからこそ、価値を提供するのに絵の力を使ってみたい。

動画で、笑いを表現することもありだ。

可能性は広がる。

まとめ


かなり個人的な内容に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

言うは易く行うは難し

ブランドを確立させるには、コツコツ信頼される人間に近づいていくしかない。

あいつ「言っていること」と「やっていること」が違うと言われない日々を過ごしたい。

精進あるのみ。

では、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いたずらきかんしゃ より:

    なんか素敵です!応援してます!