フィードバックをもらう大切さ

たわいもない日常からの気づき。

毎日コツコツ更新しているブログを、読んだ妻から一言。

「なんか書いてあることよくわからないね」

毎回の記事で自分なりに試行錯誤をしている。

自分としては、わかりやすいようにまとめた文章のつもり。

一瞬の「イラっ」とした感情の後、すぐに気づいたのが

このブログに対して、直接感想を言ってもらう機会が少ないこと。

毎日何人かはブログを見てくれているし、コメントをくれる人もいる。

けれども、ネット上では相手が見えない。自分の文章は、どう読まれているのかわからない。

ふと、ホリエモンの言葉を思い出す。

そもそも人は他人に興味ない。自分のことだけ考えている。

だからこそ、何か反応してもらうことはありがたいことなのでは、と考えたわけです。

自分が新入社員時代、先輩から

「本気で怒ってもらえるうちが花。諦められたら終わり」と言われました。

怒ってもらうのも、ご意見いただくのも、自分に関心を持ってもらえているからこそ。「好き」の反対は「無関心」とも言いますし。

ただ、中には相手をネチネチ説教するのが趣味なおじさまもいらっしゃるので注意ですね。相手するのは時間の無駄です。

自分より弱い立場の人だけに偉そうにするなんて、かわいそうだな。とでも思っておけばいいでしょう。

自分のブログを読み返してみると

もっと具体的に書いたほうがいいな。例え話があるともっとわかりやすいかな。と反省点ばかりです。

仕事以外で、自分を成長させるツールがブログ。そんな使い方をしていきたいです。

では、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名古屋人 より:

    妻の一言は良い気付きをもらえることが多いですね。